妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血作用を高める効果があります。それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)が上がることが期待できます。それに、血液が増えると新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体創りができるのです。
葉酸はさまざまな食品にふくまれている天然の栄養素です。
青菜系の野菜に多くふくまれている事が有名ですが、果物では、イチゴやライチに含有量が多いと一般的に言われています。
もしくは、アセロラや柿、キウイフルーツも沿うですね。もしくは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いですね。妊娠が分かった後に意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょう。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題ないでしょう。
でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。
ですから赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお薦めします。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中の方は当然のこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてちょーだいね。
妊活なんて聴くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、夫に問題があっ立という話も良く耳にします。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、葉酸を十分に意識して摂取してみてちょーだい。
極GOLD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です